GOKINJOアプリ 利用規約

第1条(目的)

1.株式会社コネプラ(以下「当社」といいます。)は、本アプリを利用するお客様(以下「利用者」といいます。)が居住するマンションその他のコミュニティの管理組合その他の法人・教育機関・団体等と当社との間で締結したサービスの利用契約(以下「原サービス利用契約」といい、原サービス利用契約締結前または、原サービス利用契約に定めた試験利用期間におけるサービス提供に関する契約その他の合意内容を含むものとします。)に定められたサービス(以下「原サービス」といいます。)を提供することを目的として、利用者に対して本アプリを提供します。

第2条(利用登録及びアカウント)

1.利用者は、本アプリの利用開始時又はその他の時点において、利用者に関する情報を本アプリ上にて登録します(この行為を以下「利用登録」といい、ここで登録される情報を以下「登録情報」といいます)。

2.利用者は、はじめて利用登録を実施した時点で、本規約の内容及び本規約の定めに従って本アプリを利用することについて、同意したものとみなされます。

3.利用者は、登録情報に変更があった場合、本アプリ上にてすみやかに当該登録情報を更新します。

4.利用者は、利用登録時(更新時を含む)に正確な情報を登録するものとします。登録情報が正確でない場合、当社は、利用者に対して必要な連絡・通知を行うことができないことがあります。当該利用者自身の登録情報の正確性については、利用者が責任を負います。

5.当社は、利用者による情報登録の後、利用者に対して、本アプリの使用に必要となるアカウントを供与します。当社が利用者1名に対して供与するアカウント数は、原則として1つです。ただし、当社が原サービス提供契約に基づき必要と判断した場合に限り、利用者1名に対して複数のアカウントを供与することがあります。

6.利用者は、当社からのアカウント供与を受けた時点で、当社から本アプリの利用許諾を受けたものとみなされます。

7.当社は、前項の定めに関わらず、当社が第1条に定める目的に照らして利用者として適切でない又はそのおそれがあると判断した場合、登録情報に疑義があった場合等、当社の判断により、当該利用者に対して、当社の定める方法による連絡及び本人確認、アカウント供与の停止又は既に供与したアカウントの利用停止若しくは削除、又は本アプリの利用(提供)を停止することがあります。

8.利用者は、利用者自身のアカウントを適正に管理する責任を負います。利用者は、第三者に対して、利用者自身のアカウントの譲渡、利用許諾、貸与等を行うことはできません。

9.アカウントを不正利用した第三者によって本アプリが使用された場合の取扱いについては、次の各号のとおりとします。

(1)利用者のアカウント管理不十分に起因するアカウントの不正利用の場合:当該利用は、当該第三者による使用とはみなされず、当社から当該アカウントの供与を受けた利用者自身による利用とみなされます。この場合、当該利用者は、当該利用によって生じた紛争・トラブル及び損害について責任を負います。

(2)当社の責に帰すべきアカウントの不正利用の場合:当該利用は、当該第三者による使用とみなされます。この場合、当社は、当該利用によって生じた紛争・トラブル及び損害について責任を負います。

10.利用者は、利用者自身のアカウントが第三者により不正利用された場合又はそのおそれがある場合、ただちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。この場合、当社は本アプリの利用(提供)を停止することがあります。

第3条(知的財産権、コンテンツ等)

1.本アプリ及び原サービスに関する著作権(著作権法第21条、同第27条、同第28条に規定する権利を含む全ての著作権を含む。以下同じ。)、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(著作権以降のものを以下「知的財産権」といいます。)は、当社に帰属します。

2.利用者は、本アプリ及び原サービスの利用に必要な範囲・目的に限り、当社から前項記載の知的財産権の利用許諾を受けることができます。

3.利用者は、本規約(前項を含む)に別段の定めがある場合を除き、第1項記載の知的財産権を使用・行使することはできません。また、利用者は、本アプリのコンピュータープログラムに対してリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル等の解析を実施してはなりません。

4.利用者が本アプリ上にて投稿したコンテンツ(静止画、動画、文字情報その他一切の情報を指すものとし、このうち利用者が本アプリ上に投稿したものを以下「利用者コンテンツ」といいます。)のうち、当該利用者(投稿者)自身が作成したコンテンツに関する知的財産権は当該利用者に帰属するものとし、当該利用者(投稿者)以外が作成したコンテンツに関する知的財産権は当該コンテンツの真の作成者(発明者、著作者等)に帰属します。

5.当社は、第7条各項及び当社プライバシーポリシーに定める範囲・目的に限り、利用者コンテンツのうち前項記載の当該利用者自身が作成したコンテンツを無償かつ非独占的に使用すること及び第三者に提供することができるものとします。

6.利用者は、第三者の権利を侵害するコンテンツ及び本アプリ又は原サービスの健全な運営を阻害するコンテンツ(その投稿又は作成が第5条に定める禁止行為に該当するものを含む)を、本アプリ上にて投稿又は作成してはなりません。

7.利用者コンテンツの内容(正確性、第三者の権利を侵害しないこと等を含む)、利用者コンテンツの投稿又は作成及び第5条に定める利用者コンテンツの削除に起因又は関連して発生した利用者、第三者及び当社の損害については、当社は責任を負わず、利用者が責任を負います。

第4条(GOKINJOコイン)

1.本アプリ内のGOKINJOコインは、当社が定める各企画の内容の範囲で、当該企画の実施期間に限り、効力を有します。

2.利用者は、第三者に対して、GOKINJOコインの譲渡、利用許諾、貸与等を行うことはできません。

第5条(禁止事項)

1.当社は、本アプリ及び原サービスの利用に際し、利用者に対し、次の各号に掲げる行為(同行為に該当する利用者コンテンツの投稿及び作成を含みます。)を禁止します。なお、利用者が本条に違反した又はそのおそれがあると当社が判断した場合、当社は、当該利用者の事前承諾を得ることなく、当該利用者に対し、本アプリ及び原サービスの全部又は一部の利用(提供)の停止又は終了、当該利用者が投稿又は作成した利用者コンテンツの削除等、当社が必要と判断した措置を取ることができるものとします。

(1)違法行為、犯罪行為又はこれらに類する行為

(2)公序良俗に反する行為、誹謗中傷、迷惑行為、残虐行為、相手の意に反する営業・勧     誘(いわゆるマルチ商法行為等を含む)等の不適切行為又はこれらに該当するおそれがあると当社が判断する行為

(3)政治活動又は宗教活動またはこれらにつながる行為

(4)個人の権利を侵害する行為(名誉棄損、差別、侮辱、ハラスメント、脅迫等を含みます。)

(5)不正アクセス行為、なりすまし行為、アカウントの不正取得、コンピュータウィルスを誘発する等の有害なプログラム等の使用、本アプリに関連するシステム、設備、サーバ、セキュリティへの攻撃行為又はこれらに対して過度な負荷をかける行為

(6)本規約の定めに違反する行為及び本規約で禁止されている行為

(7)その他、当社が不適切と判断する行為

第6条(免責)

1.利用者は、本アプリ又は原サービスが利用者の希望する特定の目的に適合すること(利用者に適用される法令又は業界団体の内部規則等に適合することを含む)、利用者の期待する機能、商品的価値、正確性及び有用性を満たすことについて、当社が保証しないことを、あらかじめ了承します。

2.当社は、本アプリ又は原サービスの利用に起因又は関連して利用者又は第三者に発生した紛争・トラブル及び損害について、一切の責任を負いません。利用者は、自己の費用及び責任において当該紛争・トラブル及び損害について対応し、解決するものとします。

3.前項の定めに関わらず当社が利用者に対して本アプリ又は原サービスの利用に関連する損害について賠償責任を負うことに合意した場合(第2条第9項第2号に該当する場合を含みます。)、その上限額は、当該損害が発生した期間中に当社が原サービス利用契約者から原サービスの利用額として収受した金額とします。

4.利用者は、自らが必要とする範囲で自己の費用及び責任において利用者コンテンツ等を保存するものとします。ただし、当社は、利用者コンテンツ等が利用者による削除又は管理不十分に起因して消失した場合を除き、商業上合理的な範囲で当該利用者コンテンツの復旧に努めます。

5.当社は、次の各号の内容について責任を負いません。利用者は、あらかじめ次の各号の内容について了承します。

(1)本アプリが全ての情報端末に対応しているとは限らないこと。

(2)本アプリにかかるOSのバージョンアップ等の事情により本アプリの動作に不具合が生じ又は制限がかかる場合があり、当社が当該不具合等に対してプログラムの修正等を実施しても当該不具合等が解消すると限らないこと。

6.本アプリ及び原サービスは、日本語以外の言語に翻訳された場合でも、日本語版が優先されるものとします。

第7条(個人情報等の取扱い)

1.当社は、本アプリ及び原サービスの提供にあたり利用者から提供された個人情報(登録情報を含みます。)その他の情報(あわせて以下「個人情報等」といい、利用者コンテンツ等を含みます。)を、本アプリの提供、第1条に定める目的の実現、プライバシーポリシーに定める個人情報の利用目的のほか、次の各号の利用目的のために利用します。

(1)利用者同士の情報や物のシェアリングに関する調査研究

(2)当社が今後提供する商品・サービスの企画開発及びその調査研究

(3)当社内業務の改善

(4)当社のPR・取材等の広報・販促活動

(5)上記的に付帯する事項

なお、本項に定める個人情報の管理責任は当社が負います。

2.本項は、当社から利用者に配布した用紙「部屋コードのご案内」(本アプリの利用登録に必要な「部屋コード」が記載された用紙です)に、「お客様のマンションは、アプリ利用規約第7条第2項の対象マンションです。」と書かれていたマンション及び利用者のみが対象となります。

当社は、当該対象マンションにおいて原サービスを提供するために、国立大学法人東京大学(以下「東京大学」といいます。)との間で当該対象マンションに関する原サービス利用契約に相当する業務委託契約を締結しています。この契約に基づき、当社は、前項に定める目的に加え、東京大学が行う「経年優化のメカニズムのモデル化についての研究」及びその成果の公表のために、当該対象マンションにおける本アプリの利用者より当社が提供を受けて管理する個人情報等及び個人データから、性別、年令を年代として当社が加工したデータ、ニックネームを当社が記号等に置き換えたデータ、投稿内容及び日時を利用者データとして東京大学に提供します。なお、東京大学は、当該データ等から特定の個人利用者を識別する行為(当該データ等を他の情報と照合すること等を含みます。)を行わないことになっています。

3.本アプリではGoogle Maps Platform及びFirebase(Google Inc.)を使用しており、Google LLCがこれらを通じて利用者の個人情報その他の情報(利用者コンテンツ等)を自動取得する場合がございます。取得する情報、利用目的、第三者への提供等につきましては、以下のGoogleプライバシーポリシーをご確認ください。

Google プライバシーポリシー: https://policies.google.com/privacy?hl=ja

4.第1項及び第2項の内容詳細のほか、個人情報にかかる安全管理措置、第三者への開示・提供、開示等の手続、個人情報に関するお問合せ窓口等については、以下の当社のプライバシーポリシーをご確認ください。

株式会社コネプラ プライバシーポリシー: https://conepla.co.jp/privacy/

第8条(アプリの中断・変更・停止・終了)

1.次の各号に該当する場合、当社は、利用者に対して事前に通知することなく、本アプリ又は原サービスの全部又は一部の提供を中断することがあります。

(1)本アプリ又は原サービスの提供のために必要なシステム設備等の保守点検を行う場合

(2)自然災害や火災・停電・その他の障害等により本アプリ又は原サービスの提供ができなくなった場合

2.当社は、原サービスの内容変更その他の事由により、本アプリの内容・仕様を変更(更新)することがあります。当社が本アプリの更新版を提供した場合、利用者は、すみやかに本アプリがインストールされているスマートフォンその他の情報端末から所定の方法で本アプリのアップデートを行うものとします。

3.当社は、本規約に定める事由のほか、原サービス利用契約終了その他の事由により、本アプリ又は原サービスの全部又は一部の利用(提供)を停止又は終了することがあります。この場合、利用者は、本アプリの利用ができなくなることにつき、あらかじめ了承します。

4.前2項に該当する場合、当社は、次条に定める方法により、利用者に対してその旨を通知します。ただし、利用者が第5条に定める禁止行為をした場合はこの限りではありません。

5.当社は、本規約に別段の定めがある場合を除き、本規約に定める本アプリ又は原サービスの中断、変更(更新)、停止又は終了(アカウントの利用停止、利用者コンテンツの削除等を含む)に起因又は関連して利用者が被った損害について、一切の責任を負いません。

第9条(アクセス・連絡)

1.当社が本アプリ又は原サービスの提供及び運営に必要と判断する場合、当社は、登録情報にアクセスすることができます。

2.当社が本アプリの利用者への連絡・通知の必要だと判断した場合(原サービスの内容・仕様を変更する場合を含みます)、当社は、本アプリ上での表示、当社ホームページでの掲示又は利用者の登録情報への連絡・通知の中から当社が適当と判断する方法により、利用者に対して連絡・通知を行います。

第10条(本規約の変更)

1.当社は、利用者に対して事前に通知することなく、本規約を変更できるものとします。この場合、当社は、前条に定める方法により、利用者に対してその旨を通知します。

2.本規約の変更後に利用者が本サービスの利用を継続する場合、当該利用者は、変更後の本規約に同意したものとみなされます。

第11条(本規約の有効性)

1.本規約の条項のいずれかが無効とされる場合でも、本規約の残りの条項は有効に効力を有するものとします。

第12条(準拠法)

1.本規約は日本法に準拠するものとします。

第13条(管轄合意)

1.本アプリ、本規約又は原サービスに関して利用者と当社の間で生じた一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることにつき、利用者はあらかじめ合意します。

第14条(協議解決)

1.本規約に定めていない事項及び解釈の疑義については、法令の規定及び慣習に従うほか、利用者と当社の間で誠意をもって協議解決を図るものとします。

以上

2022年11月11日改訂